イルカはよくジャンプしますよね。

水面からどのくらいの高さまで飛ぶことができるのでしょう。

イルカのジャンプできる高さについて、調べてみることにしました。

イルカジャンプ高さ

イルカのジャンプする方法

どのくらい高くジャンプできるのかを考える前に、どうやってジャンプしているのか考えてみます。

イルカがジャンプするためには、水面下で勢いをつけることが必要になります。

人でいうと、助走のようなものですね。

この時のイルカの助走によって、どれだけ高く飛ぶことができるのか決まっているそうです。

他にも高さに影響していることはあるのでしょうか?

イルカの体重が軽いほうが高く跳べそうなイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、イルカの体重はジャンプの高さには関係ないそうです。

イルカの体型に関係なく、どれだけの勢いで水面から飛び出すことができるのかによって決まるのです。

イルカショーなどでは、吊り下げられているボールにタッチしていることもありますが、あの高さで5~6メートルはあるそうです。

それだけの高さをジャンプするためには、どれだけの助走をつけてジャンプしているのでしょうね。

人がいくら頑張っても自力ではこの高さに届かないと思います。

2階建ての住宅の屋根くらいまで飛んでいることになると言えば、イルカのジャンプが高いというイメージになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ジャンプの高さに限界は?

野生のイルカがどのくらいジャンプできるのかを測定することは難しいかも知れませんが、水族館ではどうでしょうか。

水族館の飼育環境では、イルカの助走に限界があると思います。

しかし、水深4メートルのプールであれば、6メートルはジャンプできるようですし、中には8メートルの高さのボールに届くイルカショーを行っているところもあるようです。

海の中はさらに広いので、8メートル以上の高さに到達することもあるのかもしれませんね。

イルカが高く跳びたいと思っているのか疑問なところもありますが、人が高く飛んでほしいと望んでいるのに答えてくれている気もしますよね。

まとめ

イルカのジャンプを見たとしても周りに比較できるものが無ければ、実際にどのくらい飛んでいるのか分からなくなりますよね。

助走をつけることでより高く飛ぶことができるのは、人が教えなくてもイルカ自身が知っていることだと思います。

その点においてもイルカが頭の良い動物であることを教えてくれますね。

助走とジャンプの距離関係があるのか調べてみるのも面白そうだと思いました。

スポンサードリンク