イルカと言えば、とても芸達者で、水族館のアイドル的存在の生き物ですよね!

水族館ではおなじみのイルカですが、野生のイルカを見る機会なんてめったにありません。

イルカ 種類 日本

日本にもイルカは生息しているの?

野生のイルカと言えば、やっぱりハワイなどを連想してしまいますよね?

そもそも、イルカは日本に生息しているのでしょうか?

海外に行かない限り、野生のイルカなんて会えないんじゃないの!?

日本で見られるイルカはいるか?!

ふざけてしまいましたが、ちゃんと調べてみました(笑)

日本の海で見られるイルカは、意外とたくさん存在していました。

少し数が多すぎたので、厳選して紹介していきます!

まず、オキゴンドウハナゴンドウ

そして、水族館でもお馴染のハンドウイルカ(バンドウイルカ)も日本に生息しています。

その他、マダライルカスジイルカも生息しています。

上記のイルカたちは、温帯~熱帯にかけて生息しており、オキゴンドウ・ハナゴンドウは和歌山・九州北部・沖縄で生息しています。

スジイルカは、生息地が季節によって異なり、冬場は紀伊半島以南、夏は北海道周辺まで行動範囲を広げます。

マダライルカは、沖縄に多く生息しているようです。

その他、イシイルカネズミイルカも日本に生息していますが、上記のイルカたちと違うところは、日本海や三陸沖に生息しているイルカです。

寒くて冷たい水でもへっちゃらなんですね!

イルカは暖かい海水が好きだと思っていたので、少しびっくりしました。

意外とたくさんの種類のイルカが日本で見ることができます。

上記のイルカたちの中には、絶滅危惧や、危険、希少に指定されているイルカも存在しています。

そして、ヒレナガゴンドウは日本近海に生息していましたが、すでに絶滅しています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

日本の海でも見られるイルカって、かなりたくさんの種類がいるようです。

ですが、悲しいことに、イルカの生息数は減少傾向で、絶滅危惧に指定されているイルカもいます。

いつまでも日本でイルカが見られるといいですね!

スポンサードリンク