タイトルだけでは全く意味が分かりませんね(笑)

同じような身体の作りをしている?

同じような物を食べる?

似たような寿命?

どういう意味か詳しく見ていきましょう。

イルカ クジラ 同じ

イルカとクジラは実は同じ種類!?

イルカとクジラが同じと言われても全然意味が分からないけど、イルカとクジラの違いを答えて!

と言われてもそれもまた難しい・・・ですね。

イルカとクジラは見た目が違うだけ!

なんと、イルカとクジラは同じ種類の生き物なんです。

見た目も違うし、意味がわかりませんよね?

イルカとクジラは同じ鯨類で、クジラ目ハクジラ亜目に分類されている、同じ種類の生き物なのです。

じゃあ、イルカもクジラって呼ぶの!?

と言うことでもないようです。

同じ種類でも、イルカとクジラは大きさで決められるようです。

ハクジラ類の中で、小さな種類をイルカと呼ぶそうで、ヒゲクジラ類全般、ハクジラ類の中で、大きい種類をクジラと呼ぶようです。

まさかのクジラとイルカが同じ生き物だったとは、おどろきですよね!

しかも大きさで呼び方を変えているだけなんて・・・

ここで少しややこしい話になりますが、イルカが成長して大きくなれば、クジラになるのか!?と言うことです。

同じ種類の生き物というだけで、イルカは決してクジラになりません

イルカはイルカ!クジラはクジラ!

イルカが成長して大人になった時の大きさで、大きい種類のものはクジラ、小さい種類のものをイルカと呼ぶそうです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

イルカとクジラが同じで、区別するのが大きさだけだなんてビックリです。

見た目も全く違うように感じるのですが・・・

同じ生き物ですが、イルカが大人になってもクジラにならない・・・

大人になった時の大きさでクジラかイルカに分けられる。

学者さん達の考えには驚かされることばかりです!

スポンサードリンク