バンドウイルカ、セミイルカ、シロイルカ・・イルカって沢山種類がいますよね。

名前は同じようにイルカとついていますが、何か違いがあるのでしょうか?

水族館やその他でも触れあう事の多い、バンドウイルカとシロイルカの違いについて調べました。

イルカ シロイルカ 違い

イルカとシロイルカ、どう違う?

イルカ

イルカといっても沢山の種類がいるので、ここでは一番身近なバンドウイルカについて書いています。

体長は1.9~4M。体重は90~650kg。

北極・南極を除いて世界中の海に生息していて、日本の周辺にもいます。

時速50キロくらいで移動するので、一日65キロも移動します。

車くらいの速さなんて凄いですね。

スポンサードリンク

シロイルカ

シロイルカの体長は3~5.5M。

体重は1100~大きいものでは1900kgまで成長します。

イルカに比べてとても大きいですよね。

体には斑点などもなく白いため、別名シロクジラとも呼ばれています。

イルカなのにクジラ?と思われるかもしれませんが、実はイルカはクジラの仲間なんです。

シロイルカは、イルカのいない北極海とその周り寒い地域に生息しているので、なかなか会えません。

イルカのように背びれはなく、寒いところにいるので脂肪が厚く、円筒形のずんぐりした体形をしています。

背びれがないため普段は時速3~9キロ程で泳いでいて、最大でも時速22キロ程といわれています。

それでもママチャリで時速15キロといわれているので、十分速いですよね。

また、海面へのジャンプ等もできません。

ですがシロイルカ、イルカにはできない胸びれを使って後ろに泳ぐ、ということができるんです。

泳ぎ方以外にも、シロイルカにしかできないことがいくつかあります。

まず首の骨がくっついていないので、首を上下左右に90度程動かすことができます

口も柔らかくてよく動くので、表情があるように見え、とても愛嬌があります。

自由に動かせる口を使って、口の中の空気をわっかにして吐き出すバブリングを作ることも特徴です。

また、『海のカナリア』とよばれるくらいよく声をたてます。

その鳴き声はベルのような音やキーキという音など50種類にも及ぶといわれています。

群れでいる時によく発することからもわかるように、とてもコミュニケーション能力に優れています

まとめ

イルカと一口にいっても、結構違うものなんですね。

違いを調べて、イルカってこんなに興味深いのかと感じました。

今回大きな違いのみを書きましたが、細かいところでいくと、もっと違いがあります。

一度調べてみるのも面白いですよ。

スポンサードリンク