シロイルカは、「海のカナリア」と呼ばれることもある、神秘的な生き物ですよね。

性格は、好奇心旺盛で怖がり、お調子者なイルカだといわれています。

そんなシロイルカですが、寿命はどのくらいなのでしょうか?

人間に似た知能の高い生き物だといわれていますし、大型動物なので、長生きしそうなイメージがありますよね。

ということで、ここではシロイルカの寿命や、生態について調べて分かったことをご紹介します!

シロイルカ 寿命

シロイルカの生態

シロイルカは、知能が高いため、人間のように社会的な行動を取る生き物です。

普通は、同じ年代の同性で群れを作り行動します。

仲間を助ける献身的な行動や、人間のような意地悪な行動を取ることでも知られています。

夏になると、河口に集まって、砂利に体をこすりつけて脱皮します。

食べるものは、魚やカニ、貝類です。

シャチ、ホッキョクグマ、セイウチが天敵です。

シロイルカの寿命

シロイルカの寿命は、野生の場合で35年〜50年だといわれています。

シロイルカの鳴き声

シロイルカは、甘えるような甲高い音を出します。

この音は噴気孔から出す音なのですが、噴気孔の形をいろいろと変えて、多種多様な音を出すのが特徴です。

口から出しているかのような、鳴いているかのような「声」のような音で、これが噴気孔から出ているのかと思うとちょっと面白いですね。

50種類もの違う音が確認されています。

スポンサードリンク

シロイルカの形態

シロイルカは、体長が雌で4メートルくらい、雄で最大5.5メートルという、大型のイルカです。

体重は、雌で600kg、雄で1,300kgくらいです。

シロイルカというのは、他のいるかと比べると大型なので、シロクジラと呼ばれることもありました。

シロイルカというと、おでこが他のイルカのようにスッキリしておらず、丸くて可愛いイメージがありますよね。

このおでこの部分は、「メロン」と呼ばれるみたいですが、メロンが他のイルカよりも丸くて柔らかいのがシロイルカの特徴でもあります。

このメロンは、意思によって形を変えられるのが他のハクジラ類と違うところです。

これは、氷の浮かぶ海に住むのに適応するためだと考えられています。

八景島シーパラダイスでは、このおでこのメロンを震わせて歌う「おでこぷるぷるシロイルカ」と呼ばれているのがいるみたいです。

まとめ

さて、いかがでしたか?

シロイルカの寿命や、形態、生態についてご紹介させていただきました。

スポンサードリンク