シロイルカの頭は、他のイルカより柔らかそうですよね。

白い色だからというのもあるかもしれませんが、さわるといったいどのくらい柔らかいのでしょうか?

シロイルカの頭について、調べて分かったことをご紹介します!

シロイルカ頭 頭 やわらかい

シロイルカの頭はやっぱ。やわらかい!

シロイルカの頭をさわってみた人によると、やわらかい!というのが結論のようです。

それもそのはず、シロイルカの頭の、「メロン」と呼ばれる部分は、脂肪でできています

このメロンは、シロイルカは他のハクジラ類とは違って、自分の意思によって形を変えることができるのだといわれています。

これは、氷の浮かぶ海域に住めるように、氷の隙間から顔を出して息継ぎができるように適応したためと考えられています。

シロイルカのおでこ、触り心地は?

シロイルカのおでこを触った人によると、「水の入った、冷たいボール」に例えられるそうな。

さらに、触り心地はキュッキュとしていて、ヌメリ気はまったくないといわれています。

スポンサードリンク

シロイルカの頭、どこでさわれる?

シロイルカの頭をさわってみたい!という人は、シロイルカと触れ合い体験ができる施設に行ってみるといいでしょう。

鴨川シーワールドでは、「ベルーガにタッチ」という企画を行っています。

ベルーガというのは、シロイルカの別名です。

鴨川シーワールドでは、毎日15人を定員に、500円のワンコインでシロイルカとのふれあいが楽しめます。

また、神奈川県の八景島シーパラダイスも、シロイルカとのふれあいができますよ。

コミュニケーションプログラムの、「シロイルカとあそぼう」というのがあります。

料金は2,100円で、説明や着替えなどを合わせて50分、シロイルカとのふれあいの時間はそのうち15分というプログラムです。

参加資格は小学生1年生以上、日本語が理解でき、スタッフの指示に従ってくれる人です。

お魚やさんがよく履いてらっしゃる、胴長というズボンを履いて、浅瀬に踏み込み、エサをあげたり、シロイルカとふれあうことができます。

あいさつ、鳴き、シロイルカと一緒にダンス、水かけっこ、サインに合わせてジャンプ、握手、バイバイ、など、シロイルカとのふれあいが存分に楽しめるプログラムとなっています。

まとめ

さて、いかがでしたか?

シロイルカの、まるっこい可愛い頭は、とても柔らかい脂肪でできていることが分かりましたね。

ぜひ、シロイルカの頭を触りにシーパラダイスなどに出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク