水族館などではイルカショーが行われている場所もありますよね。

人がイルカに合図を出しているのですが、その合図によってイルカが違う行動をしているのはすごいと思います。

そのなかでジャンプについては何種類を区別して理解するのか、調べてみました。

イルカ ジャンプ 種類

イルカのジャンプ

イルカショーには、どのような種類のジャンプをイルカに教えているのか調べてみます。

代表的なジャンプには、ハイジャンプ、ハードルジャンプ、バックスピン、スピンジャンプなどがあるようですが、どのようなジャンプなのかわかりますか?

他にもボールをつついたりする技も習得できるのですが、少しジャンプの内容を説明します。

ハイジャンプはそのままですが、高いジャンプのことで野生化でも見られるようです。

スピンジャンプは回転しながらジャンプすること、野生化では見ることができないのがトレーナーとの演技でもあるロケットジャンプです。

イルカに足の裏を押してもらって一緒にジャンプする技なので信頼関係が生まれてないと成功しないのではないでしょうか。

野生化で見ることのできるジャンプもあれば、人が教えないとやらない種類のジャンプもあるようですね。

スポンサードリンク

イルカの知能が高い証拠

これだけのジャンプをトレーナーの合図で披露しているだけでもすごいと関心してしまうと思いますが、ジャンプの他にも技も習得しているのですよね。

トレーナーを背中に乗せて泳いでみたり、水中からスライディングすることをして見せるイルカもいます。

他にも体の一部を使ってのパフォーマンスも行いますよね。

ヒレだけを水面から出してみたり、口先でものを加える姿を披露して見せたり。

何種類の演技ができるのかわかりませんが、動物の中でも知能が高いイルカだからこなせているのでしょう。

必要なのは知能だけでなく、イルカ自身が楽しんでいるという環境を維持することも欠かせないものだそうです。

イルカがパフォーマンスをしてくれるのかは、人がイルカに対してどのように接するのかと十分な信頼関係、何よりもイルカが楽しいと感じているようにする必要があるのです。

まとめ

イルカショーでのジャンプは、人の指示に従っているだけなのかと思っていました。

しかし、調べている中で、つまらないと感じた時に演技を放棄してしまうこともあるということもわかりました。

イルカにとって楽しいという感情があってこそ、何種類ものジャンプを見せてくれるのだと思いました。

スポンサードリンク