イルカを触りたいという人は結構いますね。

私は、過去に実際にさわったことがあります。

本当に貴重な体験でした。

他の人の意見も含めて、どんな感触なのか調査してみました。

イルカ 皮膚 感触

イルカは実際に触るとどんな感触なのか

実際にはザラザラした感触ですね。

触ってみると不思議な感じではありました。

イメージとしては、ツルツルだと思っていましたが意外でした。

また、触った感想としては頑丈な体をいているなと感じました。

人によって触った感触はだいぶ違います。

ザラザラしている原因としては、イルカのアカが考えられます。

調査してみると、イルカの皮膚を触るとアカが取れるそうです。

その為ザラザラした感じになります。

また、ゴムの様な感触でもあります。

海という過酷な環境で生活できるように、しっかりとした皮膚を構成しています。

イルカの皮膚は、海で生活するために断熱効果がかなり発達しています。

スポンサードリンク

どのように触れば安全なのか考えてみました

イルカに触る時は注意が必要です。

一番大切なことは、水族館のイルカであれば、水族館のスタッフが良いと言った場所意外は絶対に触らないことです。

イルカは警戒心が非常に強いので、一番気を付けなくてはなりません。

また、暴れていたり、あばれそうな時には近づかないことです。

特に触ってはいけない場所は背びれになります。

背びれを触ってしまって暴れたりした場合非常に危険です。

イルカは背びれを触ると相手を敵だと判断します。

へたをすると怪我をすることになるでしょう。

興奮したイルカは何をするか分からないので大変です。

凶暴な一面もあるのがイルカです。

まとめ

イルカの皮膚を実際に触った感触は、今でも覚えています。

私は、ザラザラしているといった感触でしたが、ツルツルしていると言っている人も結構いました。

触った時はスタッフも一緒にいてくれましたが、緊張するものですね。

かなり長い時間触っても大丈夫でした。

また、イルカに触っても特に反応はありませんでした。

イルカからしたら慣れていることなのかもしれません。

水族館で経験した事ですが、自然界のイルカはまた違った反応をするでしょう。

考え方では、水族館のイルカは調教されていると感じました。

スポンサードリンク