愛らしいフォルムに顔。

人懐っこくて水族館でも不動の人気を誇るイルカ。

ひとたびイルカショーが始まると、素早くプールをかけめぐる身体能力には驚かされるばかりです。

その速さの秘密は、皮膚に隠されていました。

イルカ 皮膚 新陳代謝

イルカの皮膚の早すぎる新陳代謝の秘密

有名なイルカの研究者が、イルカの泳ぐ速度を計算したところ、「イルカの筋肉量では十分な説明がつかない速さ」ということが明らかになりました。

この矛盾は数十年にわたって、謎として研究されていました。

そこで注目され始めたのが皮膚です。

イルカの皮膚は、人間と同じように表皮・真皮・脂皮の三層から構成されています。

表皮はスポンジのように水分を吸収する成分で覆われていて、ゴムのような弾力があります。

また、触った時にザラザラする感触は、とても小さな突起が無数にあるからです。

この弾力と突起が水中の抵抗を抑え、イルカの速さを可能にしているといわれてきました。

ところが、最近の研究でイルカの皮膚は、2時間で新しい皮膚に生まれ変わることが分かりました。

人間の皮膚が完全に生まれ変わるのは、28日周期。

つまりイルカの皮膚の新陳代謝は、人間の約336倍

ものすごい速さですよね。

何故そんなにも早く生まれ変わる必要があったのでしょうか。

水の密度は、なんと空気の約827倍。

水中では空気中で運動するよりも、約19倍の抵抗を受けるといわれています。

さらに水中では、進むことで身体にそって小さな渦が発生します。

その渦が身体をひっぱってしまうのです。

その渦作らないように役立っているのが、イルカのはがれ落ちる皮膚なのです。

渦なんて原理的にどうしてもできてしまうものですが、それも予防する術を持っているのだから凄いです。

イルカの皮膚には速く泳ぐための工夫がいっぱいです。

スポンサードリンク

まとめ

科学も追いつけない進化をとげてきたイルカの皮膚を参考に、オリンピック競泳選手も着るような水着、アルペンスキー用ウェアが開発されています。

ただ癒されると思っていた動物は、自然界の最先端をゆく進化をとげていました。

スポンサードリンク