イルカが陸上に上がっているのを見たことがあります。

そこで、皮膚がすぐに乾燥し始めているのが気になり、どのようになっているのか調査してみました。

イルカ 皮膚 乾燥

皮膚が乾燥した場合、イルカの体はどうなっているのか

イルカが陸上に打ち上げられ、皮膚が乾燥してくるとすぐに体温調整ができなくなります

非常に危険な状態です。

その症状は、本当にすぐにあらわれてきます。

こうなるとイルカは非常に体力を消耗します。

また、失った体力をもとに戻すことは大変です。

人間の感覚では、ちょっと位の時間は大丈夫だろうと思いがちです。

哺乳類だからといって、陸上にも適応能力があると思ってましたが、まったく違います。

陸上にいる時間が長くなると、やけどをしたように皮膚の色が乾燥によって変わってきます。

理想的には、イルカは常に海中にいなくてはいけません。

また、海水ではなくて、普通の水でも体力を消耗することが知られています。

非常にシビアですね。

スポンサードリンク

イルカを移動したりするときの皮膚のケアとは?

一番の注意点は、皮膚を絶対に乾燥させないことです。

時には、スタッフが付き添って常に海水をイルカにかけてあげなくてはいけません。

また、移動する際に皮膚に傷をおってしまうと、そこから炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

大きな病気にも発展する可能性があります。

イルカは移動する際に、普段とは違うことに気が付くので暴れる傾向があります。

そこで、ある程度固定してシートの様なもので包むようにして移動します。

また、水槽のようなものごと移動する時の注意点は、常に海水が循環しているよにしなくてはなりません。

こうしないとイルカはすぐに弱ります。

まとめ

海で泳いでいるイルカを見ていると、とても頑丈に見えますね。

それでもイルカの皮膚に調べてみると、環境によってはとても弱いことが分かりました。

イルカは陸上に上がったら、すぐに皮膚の乾燥が始まることが特徴です。

ひどい時には、乾燥によってやけどのようになってしまうことはびっくりです。

要するにイルカは常に海中にいるべき哺乳類で、陸上にいてはいけない動物であると言えます。

スポンサードリンク