同じ動物でありまったく違う、犬とイルカですが、主食などを比較してみるとどのような事が分かるでしょうか。

この辺りを調査してみました。

イルカ 犬 食べる

イルカと犬の主食とは

イルカの主食とは、主に魚です。

サバやイワシなどを捕食して生きている、哺乳類になります。

また、エビなども好んで食べることも知られています。

それに対して、犬の主食は肉類です。

同じ動物でもかなり違いますね。

犬は、肉類を主食する為するどい牙をもっています。

この牙で骨なども砕くことができます。

骨な中にもカルシウムや様々な栄養が含まれます。

また、イルカは魚を海の中で捕食しやすいような歯の並びになっているのが特徴です。

陸と海の動物ではは、歯の並び一つとってもかなりの違いがあるものです。

スポンサードリンク

イルカと犬の気になる共通点とは?

イルカも犬も、ある程度高い知能を持っていると言われます。

犬は人に飼われることが多いですが、餌をもらう為に飼い主に従うことを知っています。

また、一度覚えたことを忘れない傾向もあります。

また、イルカも餌をもらう為に演技をします。

イルカのショーなどを見ていると、演技をする度に餌をやっている光景を見ることができます。

更に、イルカはコミュニケーションをはかる為に超音波を使い意思の疎通をはかっています。

これは研究されており、かなりこまかい事まで話しをしていることが分かっています。

自分の気分なども相手に伝えているようです。

水中でもイルカの声を聞くことができます。

犬も自分の意志を相手に伝える為に吠えたりして表現しますね。

吠えすぎてうるさい時もありますが、これも犬がある程度の知能をもっていて感情表現している一つです。

まとめ

イルカと犬を比較すると面白い事が分かってきました。

同じ動物で知能が発達している共通点から、人に可愛がられるところがあります。

特にイルカを見て嫌がる人はいないでしょう。

ですが、私の経験からすると自然界のイルカは凶暴な一面もあります。

海でイルカと一緒に泳いでいると歯をカチカチやって威嚇してきました。

非常に怖かったです。

このように多面性があるのが動物であると感じました。

スポンサードリンク