哺乳類の中でも頭の良い方だとされているイルカ。

どの様な進化の過程を経てきたのでしょうか?

イルカ 進化 過程

イルカの進化の過程の特徴

イルカ祖先は、4本足で陸を歩き貝や魚を捕っていたとされています。

その頃から、海の中には入ったりしていたようです。

海の中に入る動物は他にも沢山いたと思われます。

また、大量の餌が必要であったため潜って魚などの餌を捕っていたと考えられています。

ある意味、イルカは必然的に海で生活する動物になったのでしょう。

進化の過程の特徴としては、前足が進化してヒレになり、後ろ足は退化したようです。

イルカに近い進化をしてきた他の哺乳類は何?

代表的なものに、クジラがあげられます。

イルカとクジラは同じ進化をとげてきたのですね。

クジラとイルカは同じような形状をしています。

外観からしても同じ進化であったことが理解できます。

進化の過程で変化があったのは、イルカの方がクジラよりもどう猛な性格になったことです。

クジラは小エビなどを餌にする温厚な哺乳類です。

また、クジラもイルカも同じ様に頭部に鼻の穴があります。

この穴は、効率よく呼吸できるように頭の上に進化していったものだと考えられます。

大きさは、かなり違いますが、イルカとクジラは様々な共通点があり、ほとんど同じ進化であると言えます。

この穴からしぶきが上がっているのは誰でも見たことがありますよね。

スポンサードリンク

まとめ

イルカの進化をさぐることは非常に難しいです。

現在でも解明されていないことが多いですね。

特に外観からすると、イルカとシャチやクジラなどは非常に似ています。

これらを比較することで研究となっているのも事実です。

シャチとイルカはクジラなどと比べて極めて近い種類であることも分かっています。

注意しないと、イルカとシャチは間違えることもあります。

また、4足歩行していた進化の過程があることは驚きでした。

哺乳類で分類されるので非常に知能が高いと理解していましたが、4足歩行していたイルカの進化の過程は意外です。

さらに、イルカは頭から超音波をだして遠くの魚などを確認しています。

これは人間には無い機能なのですごいですね。

一度イルカと海で泳いだとことがありますが、超音波のような音を聞きました。

何を確認しているのか興味があります。

スポンサードリンク